本田春荘商店では廃プラスチックのリサイクルもやっています。洗ったペットボトルなどきれいなものは買取れますよ。

株式会社本田春荘商店のホームページへようこそ! 私達はリサイクルに取り組む皆さんを応援しています。
Home
会社概要
紙のリサイクル
金属のリサイクル
アルミ缶
廃プラスチック
Link
Photo
機密文書処理
お任せください
環境方針
個人情報保護方針
個人情報に関する
お知らせ
サイトマップ
廃プラスチック
『原燃料(げんねんりょう)』?
産業廃棄物のプラスチックを燃料として利用し、残った灰を原料として利用することです。

 

 『プラスチックの理想的なリサイクル方法は?』と聞かれて、皆さんはなんと答えますか?
 プラスチックの廃材を原料にして、新しいプラスチック製品を作る『マテリアルリサイクル』ですか?燃やして熱エネルギーを利用する『サーマルリサイクル』ですか?
 古紙なら迷わず製紙原料、鉄スクラップなら製鋼原料、ほとんどの方がこう答えてくれるはずです。
 実はプラスチックには『これ!』というリサイクル方法がありません、プラスチックは様々な素材の樹脂があり代表的なものだけでも、ポリエチレン(PE)、ポリプロピレン(PP)、ポリスチレン(PS)、塩化ビニル(PVC)となり、それぞれの特性も異なるからです。

お菓子の袋をプレスしたものです。

 では、素材というまとめ方をやめて商品名で分けてみましょう。発砲トレー、ペットボトル、塩ビ管、皆さんも良くご存知のこれらの商品はそれぞれ『トレーtoトレー』『ペットtoペット』『塩ビ管to塩ビ管』と、同じ商品にリサイクルされています。
 大量に流通し、単一素材で扱いやすく、分別しやすいこれらの商品は、『クローズドループ』という理想的なリサイクル方法が可能なのです。
 その他のプラスチック商品は一部が擬木や建設材等の原料としてリサイクルされていますが、品質などの課題も多いようです。

 さて、本田春荘商店では産業廃棄物として集めた廃プラスチックや、古紙を選別して出たビニールひも、ポリ袋などを圧縮梱包し、化学メーカーの株式会社トクヤマでセメントの原燃料としてリサイクルしています。
 プラスチックを燃料として使用する『サーマルリサイクル』は『マテリアルリサイクル』よりレベルの低いリサイクル方法だと思われがちですが、その素材のカロリーや化学成分などを調べた上で利用しており、燃料として利用した後の灰もセメントの原料にしていますので、種種雑多なプラスチックの理想的なリサイクル方法だといえます。

 

■リサイクルしてはいますが・・・
 古紙を選別したらね、出るんですよ廃プラが〜、ビニールひもやポリ袋、そりゃあね一応はリサイクルしていますが、やっぱり無いほうがありがたいですね。

 

   

ページトップ

(C) 2000 株式会社本田春荘商店 〒734-0022 広島市南区東雲二丁目16番37号 TEL 082-281-1278